ぼつぼつブログ

私たちの目指すもの

今回は少し辛口です。

仕事として防災にかかわるようになり40年近くが経ちましたが、これだけいろいろな災害の現場や防災の取り組みに関与してもなお、私たちの目指すものがどういうものなのか、私にはよく見えていない気がいたします。何とも情けない話です。

その原因の一つとして、私たちが目指す望ましい社会像を今もって誰も示しておらず、それでもなおいろいろな取り組み行われ、制度が作られ、我々がそれに頼らざるを得ないという実態があります。地域防災の取り組みがまさにその代表的なものです。社会が変わることが求められても、どう変わればよいのか、誰もその青写真を示すことができていない、それでも走り続けなければならない、そのようなつらい現実があります。具体的な例をあげましょう。



防災科研もそうですが、いま全国各地で実に多くの防災関連の研究者が地域づくり、まちづくりの取り組みを支援しています。それらは一見して地域が「良く」なっているような印象を受けます。でも本当にそうでしょうか?少し離れて眺めてみると、

 

1)その取り組みは永続的なものなのか?現在かかわっている人材がいなくなったらもう続かなくなってしまうのではないか。いまは動いているけれど、10年後、20年後の地域社会像を踏まえたうえでの取り組みなのか。

2)その取り組みは本当に地域の主体性の元に行われているものなのだろうか。結局は行政や研究者、あるいは利害関係のある企業などが見栄えよく「お膳立てした」ものの上に行われているものではないだろうか。

3)防災力が高まることばかり喧伝されているが、それによるデメリットまできちんと議論されているのだろうか。防災力が高いこと=よい社会という、一方的な価値観の押し付けになっているのではないか。

などと感じてしまいます。(このことに関するご批判、ご意見がありましたら是非ご教示ください。)


私が個人的に思うのは、研究者や行政が地域社会とかかわりを持つような活動を行うのであれば、何をやるにもまず最初にその地域にどのような未来をもたらすかについて、ある程度の指針となるようなものを明示すべきではないかということです。将来予測的なもので定量的に評価が難しい部分はあるとは思いますが、その部分では定性的なものでも構わないと思います。それが「未来に責任を持つ」という行政や研究者の役割ではないかと思います。

ちょっとうがった見方をすると、今各地で行われている防災への取り組みを観察すると、


1)行政が政治的な圧力で地域に「何か」しなければならないという流れ(方向性)が生まれる。(背景に地方創生だとか、いろいろなものがあるとは思います。しかし多くの地域では行政の現場担当者は「上から」言われたので仕方なくやるという印象が強くあります。)

2)困った担当者が地域にある大学やわれわれなどの研究機関やコンサルタント企業などに相談を持ち掛ける。そこで費用の問題も認識され、研究機関のほうは研究業務と絡めて支援が行えるならばやりましょうという方向を見出し、民間企業のほうはとりあえず先行投資と考え、将来は実入りがあるとみこまれた場合には動き始める。

3)住民の中に知恵のある人たちがいて、活動を始めたものの自分たちだけではできることに限界があることに気づき、行政に支援を求めた時にこのタイミングが合うか、または行政からの働きかけを「渡りに船」となった時に、声を掛け合って動きが始まる。しかし、地域にはいろいろな関係者がいて、結局は全員参加が難しいという「壁」にはぶつからざるを得なくなり、いつものメンバーだけで集まるようになる。


 

かくして、ワークショップに代表される防災や地域づくりに関するいろいろな取り組みが行われているのではないでしょうか。もちろん、ここにあげたような流れとは無縁で、専ら自分たちだけで地域問題を積極的に解決しているという本当に理想的な地域もあることは確かです。でもそれは決して多くない、まだまだ限られています。

私たちは戦後の自由主義、民主主義浸透の過程で、物事には損得があり、得にならないことはやってもしょうがないという風潮に染まりすぎているのかもしれません。今一度損得ではなく(結果的には損は目指さないのかもしれませんが)、まずは何を理想とするのか、何を目指すのか、私たちが望ましいと思う未来の姿、作り出したいと思う地域社会像をある程度描いてから、行動を考えるべきではないかと思う今日この頃です。


管理者に連絡
コメント
つぼつぼのprofile
国立研究開発法人 防災科学技術研究所
社会防災システム研究領域 災害リスク研究ユニット(長い!)
プロジェクトへのお問い合わせ(なんでもどうぞ)
防災トマソン

第6回防災コンテスト

今年もご参加、お待ちしています!!!
防災コンテスト

コメント(0)
2015年04月08日 11時45分 投稿者:坪川

将来人口予測メッシュマップ

自分の地域の未来を考えよう。
http://map03.ecom-plat.jp/map/map/?cid=11&gid=57&mid=1144
コメント(0)
2014年07月07日 17時08分 投稿者:坪川

防災科研1964年新潟地震オープンデータ特設サイト


是非、アクセスしてみてください

コメント(0)
2014年06月10日 14時29分 投稿者:坪川

ボウサイランド2014

防災科学技術研究所一般公開
2014年4月20日【日】10時~16時
入場無料

コメント(0)
2014年03月24日 14時21分 投稿者:坪川

そらまめ君

環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君
PM2.5からオキシダントまで、是非活用しましょう。

コメント(0)
2014年02月26日 21時35分 投稿者:坪川

防災対応型信号機


だいぶ増えてきましたなぁ・・・
コメント(0)
2013年06月18日 19時18分 投稿者:坪川

インフルエンザ流行レベルマップ


次回は2月1日に更新されるようです。いま急速に学級閉鎖が広がっています。要注意!
コメント(0)
2013年01月31日 00時55分 投稿者:坪川

地下鉄入り口の標高表示板(東京メトロ町屋駅)


海岸線から10キロ近く離れた駅の入り口でもまだこの数字ということを実感できるだろうか。東京は実に土地の低いところに拡がった都会なのです。
コメント(1)
2013年01月15日 19時40分 投稿者:坪川

ノロウイルスの感染者数(厚生労働省)


こういう情報をきちんと出し続けていくことは非常に大切です。厚生労働省のHPをもっと活用しましょう。
コメント(0)
2012年11月29日 10時17分 投稿者:坪川

阿蘇山の火山ガス警報


ちゃんとしたリスクコミュニケーションになっている。
コメント(0)
2012年11月28日 20時25分 投稿者:坪川
RSS2.0KML
eコミマップ
自転車お助けマップ
作成 2014/07/17 14:18:09 : 更新 2014/07/19 18:27:50
自転車走行中に手助けとなるマップ
研究員のページ
ここにおります
 
つぼつぼの本棚

老人に冷たい国・日本:河合克義

コメント(1)
2015年08月25日 11時59分 投稿者:坪川

無縁社会のゆくえ:日本心理学会監修

コメント(0)
2015年08月25日 11時57分 投稿者:坪川

学習するコミュニティのガバナンス:佐藤智子

コメント(0)
2014年11月01日 18時56分 投稿者:坪川

格差社会の地域分析:岩井、福島、菊地、藤江

コメント(0)
2014年10月24日 18時35分 投稿者:坪川

災害復興法学:岡本正

コメント(0)
2014年10月22日 11時44分 投稿者:坪川

町内会は義務ですか?:紙屋高雪

コメント(1)
2014年10月20日 13時50分 投稿者:坪川

年収は「住むところ」で決まる:エンリコ・モレッティ

コメント(0)
2014年10月20日 11時53分 投稿者:坪川

ドキュメント豪雨災害:稲泉連

コメント(1)
2014年10月20日 11時52分 投稿者:坪川

なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか:森功

コメント(0)
2014年02月27日 14時18分 投稿者:坪川

学ぶ、考える、話し合う、討論型世論調査:曽根・柳瀬・上木原・島田

コメント(0)
2014年02月21日 13時07分 投稿者:坪川

3.11福島から東京へ:東京災害支援ネット

コメント(1)
2014年02月18日 21時34分 投稿者:坪川

絆の構造-依存と自立の心理学:高橋恵子

コメント(0)
2014年01月26日 23時36分 投稿者:坪川

巨大地震の科学と防災:金森博雄・瀬川茂子・林能成

コメント(0)
2014年01月21日 16時06分 投稿者:坪川

自治体の個人情報保護と共有の実務:岡本・山崎・板倉編著

コメント(1)
2014年01月21日 16時01分 投稿者:坪川

前へ!-東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録:麻生幾

コメント(0)
2013年12月04日 09時34分 投稿者:坪川

東日本大震災-伝えなければならない100の物語

コメント(0)
2013年10月18日 18時23分 投稿者:坪川

東日本大震災を分析する:平川新、今村文彦、東北大学災害科学国際研究所編著

コメント(1)
2013年09月12日 11時40分 投稿者:坪川

はじめて学ぶリスク科学:柴田清編著

コメント(0)
2013年09月10日 10時08分 投稿者:坪川

リスク社会の授業づくり:子安潤

コメント(0)
2013年08月31日 13時49分 投稿者:坪川

まちの幸福論:山崎亮

コメント(0)
2013年08月31日 10時07分 投稿者:坪川
RSS2.0KML
検索
ログイン/ログアウト
メールアドレス

パスワード