取り組み

府省庁向け防災情報システムの研究

 SIP防災(SIP「レジリエントな防災・減災機能の強化」)における課題④「ICT を活用した情報共有システムの開発及び災害対応機関における利活用技術の研究 開発」を現在実施しています。

レジリエント防災・減災研究推進センター

自治体向け災害対応システムの開発

 官民の情報共有による協調連携した災害対応を行うための災害対応システムの開発を実施いたしました。本研究は、科学技術戦略推進費に位置づけられ実施されました。( 官民協働危機管理クラウドシステム) 現在も後継プロジェクトにて開発が継続されております。

官民共同危機管理クラウドシステム

地域との取組や地域向けプロジェクト

地域防災実践ネット 地域や団体で防災活動に取り組みたいという方に参加いただき、参加者相互の交流が図れる場を提供いたしております。

地域防災実践ネット

地域防災対策支援研究プロジェクト 大学・研究機関が実施した研究成果を、より地域や自治体で活用されるようになる仕組みづくりの研究を行っています。

地域防災対策支援研究プロジェクト

地域発・防災ラジオドラマ

災害時に地域に起きることを住民主体で考えるための方法として、地域の災害シナリオの作成を提案しています。

「地域発・防災ラジオドラマ」 詳細

地域発 防災ラジオドラマ

防災コンテスト

 地域にて防災活動を実施してもらうだけでなく、その成果をどのように地域へ展開・浸透させるのか?等、災害リスクガバナンスの構築という観点からの評価も含めて行うコンテスト形式の取組を実施いたしました。
 その活動内容(記録)や、作成された防災の地図、ドラマ脚本などの受賞作品のみですが公開を行っております。本取組は2010~2015年度まで全6回にわたり開催され、現在は地域防災実践ネットとして期限を区切らない活動の場として継続しております。

「防災コンテスト」 詳細

防災コンテスト

東日本大震災における取り組み

  • 岩手県の沿岸自治体、宮城県社会福祉協議会等において情報支援を実施いたしました。。 また、被災自治体と協働で震災アーカイブを推進しました。
  • 宮城県災害ボランティア情報ポータルは、当研究グループが開発したオープンな情報プラットフォームであるeコミを使って構築いたしました。東日本大震災におけるボランティアの情報活用、発信に活用され、現在も宮城県社会福祉協議会により運営が継続されています。
    宮城県災害ボランティア情報ポータル

eコミュニティ・プラットフォーム

 地域コミュニティの再生等を通じた地域における災害リスクガバナンスの構築に関する研究を行うに当たり、その人的活動を支援する情報システムの開発が行われました。地域の活動や情報共有・発信を支援するシステム、災害リスク情報の分散相互運用環境(多機関を跨り統一された共通形式での流通)を実現する基盤システムなどが開発され、その成果は「 eコミュニティ・プラットフォーム」として公開されています。

eコミュニティ・プラットフォーム

災害リスク情報や地域防災力の研究領域

リスク研究グループの研究テーマを紹介します。

1.災害リスク情報プラットフォームが目指すもの


2.災害リスク情報の分散相互運用環境
   ~各種災害リスク情報の横断的な利用に向けて~

3.地域の防災力向上のための災害リスクガバナンス

4.地域を支える情報基盤「eコミウェア」の開発
   ~地域防災キットの開発に向けて~