自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト

最新情報

最新情報

[2019/2/16] 南海トラフ災害に備えた情報の利活用研修に参画しました

当研究プロジェクトは、「南海トラフ広域地震防災研究プロジェクト」に参画しており、「南海トラフ広域地震災害情報プラットフォーム」を研究開発しています。
その一環として、当研究プロジェクトと大阪府社会福祉協議会(以下:社協)が協力し、「柏原・羽曳野・藤井寺」の3市社協を対象に、南海トラフ災害に備えた情報の利活用研修会を開催しました。
大阪府域の社協や災害時支援団体では、2018年6月の大阪府北部の地震、9月の台風21号被害での災害対応を経験し、今後の災害対応時情報利活用について意識が高まっています。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

開催概要

名称 南海トラフ災害に備えた情報の利活用研修会
日時 2019年2月16日 13:30~16:30
会場 柏原市立保健センター
対象 柏原・羽曳野・藤井寺の3市の社協職員
主催 大阪府社協
協力 防災科学技術研究所(担当:水井)
プログラム
概要
13:35~13:50 大阪府での災害対応~今後の広域災害(南海トラフ)を見据える~
13:50~16:00 GISツール操作研修
16:00~16:30 2018年の災害対応振り返り

当日の様子


<大阪府柏原市の会場>

<研修会の様子>