自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト

最新情報

最新情報

[2019/4/1] 当研究プロジェクトチームの研究員4名が所内表彰されました

当プロジェクトチームの研究員4名が所内表彰されました。

業績表彰で、花島主幹研究員、伊勢主管研究員の2名、
ブランディング認定証授与で、佐野研究員、吉森研究員の2名が表彰されました。

業績表彰

花島 誠人 (総合防災情報センター 主幹研究員)

業績表題:府省庁連携防災情報共有システム「SIP4D」の開発と連携活動

<受賞理由>

総合科学技術・イノベーション会議の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)における、府省庁連携防災情報共有システム「SIP4D」の開発を技術面でけん引しながら、府省連携をコーディネートを行った。さらに、SIP4Dを活用した災害対応支援が府省庁で高く評価され、災害時情報集約支援チーム「ISUT」の立ち上げにつながった。そして平成30年度の災害においてISUTとして災害対応支援を積極的に実施し、SIP4Dの高い評価および防災科研の高い評価につなげた。

伊勢 正 (総合防災情報センター 主幹研究員)

業績表題:「SIP4D」を活用した現地での災害対応支援活動および社会実装に向けた活動

<受賞理由>

平成28年熊本地震や平成29年九州北部豪雨をはじめ、平成30年に発生した大阪北部地震、平成30年7月豪雨、北海道胆振東部地震の災害対応支援において、常に先陣として対応を行い、被災自治体をはじめとした災害対応を支援し、災害時情報集約支援チーム「ISUT」の活動に大きく貢献した。加えて、自衛隊訓練の参加など、数年かけて関係を構築し、災害時の多組織連携に向けた基礎を築いた。

ブランディング認定証授与

2019年2月に防災科研の存在価値や研究所としての姿勢を示すための発表した新しいアイデンティティを発表しましたが、このアイデンティティの確立に大きく貢献すると考えられる優れた研究に対して「ブランディング認定証」が8名に授与されました。
当研究プロジェクトからは、佐野研究員と吉森研究員が選ばれました。

佐野 浩彬 (防災情報研究部門 特別技術員)

研究表題:防災科研の情報プロダクツを統合的に配信するための取り組み

受賞スライド

吉森 和城(防災情報研究部門 特別技術員)

研究表題:NIED-CRSの運用を通じた研究開発

受賞スライド