自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト

最新情報

最新情報

[2019/5/24] 大阪府の社協に南海トラフ広域災害を想定した「情報利活用研修会」を開催しました

当研究プロジェクトは、2019年5月24日に、大阪府社協と協力して進めている「広域災害を見据えた災害時要支援者対応のための情報ツール利活用研修会」を開催しました。
今回の参加者は、府社協、泉佐野市(沿岸)、和泉大津市(沿岸)、富田林市(内陸)の社協職員など15名でした。
なお、この活動は平成27年度から継続しており、すでに府内にて21の市町村の社協が参加しています。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

開催概要

名称 広域災害を見据えた災害時要支援者対応のための情報ツール利活用研修会
日時 2019年5月24日 10:30~16:30
会場 大阪府社協 大阪社会福祉指導センター
対象 府内の社協組織(泉佐野市、泉大津市、富田林市)
参加 15名
主催 大阪府社協、防災科研

プログラム概要

10:30~12:00 各市社協での情報ツール利活用事業計画会議
13:30~16:30 「南海トラフ」大阪府での被害想定と臨時情報への対応について
14:00~16:30 情報ツール操作研修

当日の様子


研修会の様子

南海トラフ広域災害に
関連する情報も提供

大阪社会福祉指導センター