つぼつぼの部屋

国立研究開発法人 防災科学技術研究所 社会防災システム研究領域 客員研究員 坪川 博彰のページです

つぼつぼのprofile

国立研究開発法人 防災科学技術研究所
社会防災システム研究領域 災害リスク研究ユニット(長い!)

防災トマソン

第6回防災コンテスト

今年もご参加、お待ちしています!!!
防災コンテスト

コメント(0)
2015/04/08 11:45 投稿者:坪川

将来人口予測メッシュマップ

自分の地域の未来を考えよう。
http://map03.ecom-plat.jp/map/map/?cid=11&gid=57&mid=1144
コメント(0)
2014/07/07 17:08 投稿者:坪川

防災科研1964年新潟地震オープンデータ特設サイト


是非、アクセスしてみてください

コメント(0)
2014/06/10 14:29 投稿者:坪川

ボウサイランド2014

防災科学技術研究所一般公開
2014年4月20日【日】10時~16時
入場無料

コメント(0)
2014/03/24 14:21 投稿者:坪川

そらまめ君

環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君
PM2.5からオキシダントまで、是非活用しましょう。

コメント(0)
2014/02/26 21:35 投稿者:坪川

防災対応型信号機


だいぶ増えてきましたなぁ・・・
コメント(0)
2013/06/18 19:18 投稿者:坪川

インフルエンザ流行レベルマップ


次回は2月1日に更新されるようです。いま急速に学級閉鎖が広がっています。要注意!
コメント(0)
2013/01/31 00:55 投稿者:坪川

地下鉄入り口の標高表示板(東京メトロ町屋駅)


海岸線から10キロ近く離れた駅の入り口でもまだこの数字ということを実感できるだろうか。東京は実に土地の低いところに拡がった都会なのです。
コメント(1)
2013/01/15 19:40 投稿者:坪川

ノロウイルスの感染者数(厚生労働省)


こういう情報をきちんと出し続けていくことは非常に大切です。厚生労働省のHPをもっと活用しましょう。
コメント(0)
2012/11/29 10:17 投稿者:坪川

阿蘇山の火山ガス警報


ちゃんとしたリスクコミュニケーションになっている。
コメント(0)
2012/11/28 20:25 投稿者:坪川
RSS2.0

eコミマップ

自転車お助けマップ
作成 2014/07/17 14:18:09 : 更新 2014/07/19 18:27:50
自転車走行中に手助けとなるマップ

ここにおります

透明度:100%
透明度:100%
透明度:100%
透明度:100%
透明度:100%
透明度:100%

ぼつぼつブログ

ハザードとリスク ふたたび

政府の地震調査研究推進本部が2016年版の全国地震動予測地図(確率論的地震動予測ハザード)を発表しましたが、皆さんはこの情報を利用されていますでしょうか。報道などに取り上げられているのを見ると、この種の情報がうまく実社会で利用されるのは難しい部分があるのではないかと思い、今日はその点を書いてみたいと思います。

まず気をつけなければならないのは、この地震動予測地図はあくまで「ハザード」に関する情報だということです。ハザードはリスクを構成する重要な要素ですが、全てではありません。もう一つ重要な要素がリスク評価を行う対象物の「脆弱性」です。どんなにハザードが大きくても、脆弱性が低ければリスクは極めて限定的なものとなるでしょう。良い例が建物の耐災害性です。例えば耐震性が高いとか、免震構造になっているとか、良い地盤に立地しているとか、基礎をしっかり造っているとか、建物が持つ脆弱性を小さくする措置を施しているものは、結果的にリスクは小さくて済みます。一方でハザードが小さくても脆弱性が大きければリスクは大きいものとなります。地震動予測地図であまり赤くなっていないところだからといって、いい加減な建物であれば、大したことない地震動にもかかわらず、大きな被害をこうむる恐れがあります。

それに加えて、このハザード情報には多くの「不確定性」が含まれています。まず私たちは地震を引き起こす原因となる断層やプレート活動に関する十分な知識を得ていません。今できているのはこれまでの観測などに基づくきわめて限定的な情報から科学的な知見を得て推測しているにすぎません。そこには多くの「仮定」があり、また一定の約束事に基づく「みなし」があるのです。よって評価された結果には本来かなりの幅があるわけですが、この種の情報が出されるときにはその不確実さの「幅」は表現が難しいので、大概は取り上げられません。そのため私たちが目にするのはその一部の表現に過ぎないのです。またハザード評価自体にも不確実な要素が多々あります。想定されている地震と全く同じものが起きたとしても、実際の揺れが計算されたようになることはほぼないといってもよいでしょう。たくさんの経験値から得られた科学的な予測方法でも、一回ごとの事象を完全に説明することはできないことは、ほかの分野でもよくあることです。

こう考えると、全国どこでも地震に対するそれなりの備えは必要となり、それはこの地震動予測地図の評価結果を反映するというものとは違った形で取り組まねばならないように思われます。実際この予測地図を公開する時の記者発表でも、評価が低いところだからといって地震が起きないわけではないということを繰り返して言っていました。確率で数パーセントだから低いとは言えないということを、数学的に理解することも大切かもしれませんが、工業製品として作られる住宅などの性能に、地域差を設けること自体あまり意味があるとも思えませんので、建築基準法でも地域ごとに定めている係数はできればなくなるほうが合理的なのではないかと思うのは私だけでしょうか。それよりも地盤の良否、建物の耐震性の良否を、建物を建ててしまってからでも、また古くなった建物でも、簡易で精度よく評価する技術の開発のほうがずっと大事な気がします。それができれば少なくとも危険な建物の判別が行え、事前防災対策がずっと効果的に進むように思います。

さて、地震動予測地図はハザードが表現されていますが、リスクを表現しているものもあります。つい最近、大手保険ブローカーであるAON社が世界のテロと政治的暴力に関するリスクマップの最新版を公表しました。世界地図に色分けされたもので、各国のリスクがおおむね6段階に分けて表現されています。これを見ると日本は一応低い(LOW)と評価されていますが、決してゼロではないのです。その意味ではリスクはどこにでもあると考えないといけないということでしょう。いまや南極大陸ででもなければ、この種のリスクがゼロになるところが地上に存在しないというのが悲しいですね。

ちなみに通常の犯罪リスクについてみると、国別統計では日本は極めて低い特異な位置にいます。例えば殺人ですが日本では大体年間400人ほどが殺人の犠牲者になっています。一日に一人くらいの見当ですね。これは10万人当たりの数にすると0.3前後で世界的にみると非常に低い値です。ドイツは0.9、イギリスは1.0、フランスは1.2、トルコは2.6、台湾が3.0、米国が4.7、イラクが8.0、ロシアが9.5、フィリピンが9.9、メキシコが15.7、南アフリカが33.0、最も高いのがホンジュラスで84.6となっています。上位には中南米の国々とアフリカ諸国が並んでいて、政治的安定性の悪さが治安の悪さにつながっていることがうかがわれます。ちなみにリオ五輪が開催されるブラジルは24.6で世界15位、年間5万人以上が殺人で犠牲になっている現実は正しく報道されているでしょうか。現地に行かれることをお考えの方は、くれぐれもご用心くださいますよう。


コメント

つぼつぼの本棚

老人に冷たい国・日本:河合克義

コメント(0)
2015/08/25 11:59 投稿者:坪川

無縁社会のゆくえ:日本心理学会監修

コメント(0)
2015/08/25 11:57 投稿者:坪川

学習するコミュニティのガバナンス:佐藤智子

コメント(0)
2014/11/01 18:56 投稿者:坪川

格差社会の地域分析:岩井、福島、菊地、藤江

コメント(0)
2014/10/24 18:35 投稿者:坪川

災害復興法学:岡本正

コメント(0)
2014/10/22 11:44 投稿者:坪川

町内会は義務ですか?:紙屋高雪

コメント(1)
2014/10/20 13:50 投稿者:坪川

年収は「住むところ」で決まる:エンリコ・モレッティ

コメント(0)
2014/10/20 11:53 投稿者:坪川

ドキュメント豪雨災害:稲泉連

コメント(1)
2014/10/20 11:52 投稿者:坪川

なぜ院長は「逃亡犯」にされたのか:森功

コメント(0)
2014/02/27 14:18 投稿者:坪川

学ぶ、考える、話し合う、討論型世論調査:曽根・柳瀬・上木原・島田

コメント(0)
2014/02/21 13:07 投稿者:坪川

3.11福島から東京へ:東京災害支援ネット

コメント(1)
2014/02/18 21:34 投稿者:坪川

絆の構造-依存と自立の心理学:高橋恵子

コメント(0)
2014/01/26 23:36 投稿者:坪川

巨大地震の科学と防災:金森博雄・瀬川茂子・林能成

コメント(0)
2014/01/21 16:06 投稿者:坪川

自治体の個人情報保護と共有の実務:岡本・山崎・板倉編著

コメント(1)
2014/01/21 16:01 投稿者:坪川

前へ!-東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録:麻生幾

コメント(0)
2013/12/04 09:34 投稿者:坪川

東日本大震災-伝えなければならない100の物語

コメント(0)
2013/10/18 18:23 投稿者:坪川

東日本大震災を分析する:平川新、今村文彦、東北大学災害科学国際研究所編著

コメント(1)
2013/09/12 11:40 投稿者:坪川

はじめて学ぶリスク科学:柴田清編著

コメント(0)
2013/09/10 10:08 投稿者:坪川

リスク社会の授業づくり:子安潤

コメント(0)
2013/08/31 13:49 投稿者:坪川

まちの幸福論:山崎亮

コメント(0)
2013/08/31 10:07 投稿者:坪川
RSS2.0

検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索