自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト

地域での取り組み

地域の災害レジリエンスを高めるために、全国の様々な自治体や地域コミュニティ、小中学校と協働して、平時からの防災活動や防災教育・復興教育の進め方(手法)と利活用できるツール(システム)の研究開発に取り組んでいます。

地域での取り組みの一覧

全国

関東

茨城県

神奈川県

千葉県

東北(東日本大震災関連)

  • 宮城県災害ボランティア情報ポータル
    宮城県社会福祉協議会が運営する、東日本大震災の復興状況や災害ボランティアについての情報ポータルサイト。
  • 被災地自治体支援
    罹災証明発行、がれき処理申請システムなど個人情報を主に利用したシステムのため非公開。

取り組み内容の詳細は、 当研究所主要災害調査No.48「情報技術による東日本大震災の被災地支援-宮城県および岩手県での活動事例-」にて公開しておりますので、そちらもご覧ください。

研究一覧