自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト

【2010/9/18】体験型セミナー『eコミ使って何つくろう?』 地域における新しい公共と防災力

パシフィコ横浜で開催された「G空間EXPO」において2010年9月20日(月・祝)に、当研究所が開発している地域協働や防災活動を支援する情報ツール群である「eコミウェア」に触れることができる体験型セミナーを実施しました。

説明

~相互運用型WebGISと地域コミュニティ向け グループウェアの統合システム『eコミウェア』の活用~

はじめに

パシフィコ横浜で開催される「G空間EXPO」において9月20日(月・祝)に、当研究所が開発している地域協働や防災活動を支援する情報ツール群である「eコミウェア」に触れることができる体験型セミナーを実施しました。
また、「eコミウェア」を活用した、地域の防災力向上に向けた取り組みを多数紹介するスペースを用意しました。

開催報告

防災科研が開発している地域協働や防災活動を支援する情報ツールシステム「eコミウェア」の体験コーナーや、同システムを活用し防災力向上を目指す各地域の取り組みを紹介するとともに、防災ラジオドラマの解説コーナーや防災ジグソーマップも設置し、NIED リスク研究グループのさまざまな研究活動を体感していただきました。
参加人数は80名でした。

当日の様子


eコミウェア説明の様子

eコミウェアを実際に体験

防災ジグソーマップ

防災ジグソーマップに
チャレンジ

セミナーの内容

本セミナーの展示内容および体験企画を示します。

  • 災害リスク情報プラットフォーム研究プロジェクトの紹介
  • eコミウェア全体
  • eコミグループウェア
  • eコミマップ、相互運用gサーバー
  • eコミウェアフォーラム
  • eコミウェアを使った実証実験
  • 地域発・防災ラジオドラマ
  • 地域の取り組みと自治体の導入事例の紹介
    (つくば市、柏崎市北条地区、新潟県長岡市山古志地区、愛知県、藤沢市など)
  • e防災マップ作成体験
  • eコミグループウェア利用体験
  • 自治体向けeコミウェア導入相談コーナー

開催概要

名称 地域における新しい公共と防災力
~相互運用型WebGISと地域コミュニティ向けグループウェアの統合システム「eコミウェア」の活用~
主催 (独)防災科学技術研究所
災害リスク情報プラットフォーム研究プロジェクト
協力 eコミウェアフォーラム
日時 2010年9月20日(月・祝) 13時~16時
会場 パシフィコ横浜 アネックスホールF202
対象
  • 参加型地域コミュニティWebサイトや地域住民の情報共有・活動支援ツールに興味がある方
  • 地域防災力向上の取り組みに興味がある方(地域の防災リーダー、防災関係の自治体職員や研究者、災害ボランティアリーダーなど)
  • eコミウェアを使った開発に興味がある方など
参加費 無料(出入自由)(終了しました)
eコミ公式HP http://ecom-plat.jp/

ご案内

防災科研のG空間EXPO特設サイト