自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト

研究紹介

国立研究開発法人 防災科学技術研究所の「自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト」グループの、主な研究の柱は「防災情報プロダクツ生成技術の研究開発」「防災ソリューションの研究開発」の二つです。

防災情報プロダクツ生成技術の研究開発

防災科学と情報科学の融合的アプローチにより、各種自然災害を横断的に取り扱い、膨大かつ多様なデータや対策技術を蓄積し、各種対策に有効な情報プロダクツを生成・共有する処理技術の研究開発を行います。

詳細

平時における情報生成・共有技術

災害時における情報生成・共有技術

個別災害に特化した取り組み

詳細

防災ソリューションの研究開発

災害への予防・対応・回復の状況をモニタリングするとともに、地域の災害レジリエンスを測定することで地域や各セクターのレジリエンスを定量的に評価し、ボトルネックを明示する技術の研究開発を行います。

詳細

レジリエンス可視化技術

レジリエンス強化技術

レジリエンス定着化技術

詳細