防災科学技術研究所 田口 仁

社会防災システム研究部門 / 総合防災情報センター

田口仁の顔(イメージ)

ご案内

Researchmapにもプロフィール等を公開しています。

研究発表や講義等で使ったスライド(公開可能なもの)は、SlideShareにて公開しています。引用元明記で2次利用可能です。

研究ブログ

国土地理院がクリアリングハウスをリニューアル中

国土地理院のクリアリングハウスは長らくアクセスできなかったが、CKANベースで新しいクリアリングハウスを構築していることが明らかとなった。

地理空間情報クリアリングハウス(試行版)
http://ckan.gsi.go.jp/
平成26年2月12日より、JMP2.0(国土地理院技術資料E1-No.281(PDF))に準拠した地理空間情報のメタデータをCKANを用いて検索できるようにすることを目的とする「地理空間情報クリアリングハウス」の試行版の運用を開始しました。平成26年3月末までに約4万件のメタデータを登録予定です。(上記サイトより引用)
CKANにはJSONのAPIがあるようで、利活用するシステムからの検索リクエストを送ってそれを受け取ることが可能なようだ。先日私がブログでクリアリングハウス利用のユースケースを示したように、地図検索して自分のGISにすぐに重ねることもできる可能性があるだろう。

国土地理院CKANは国土地理院が所有するコンテンツを順次載せていくだろうが、希望としては災害時に撮影されて地理院タイルで公開されるコンテンツはほぼリアルタイムでCKANに登録してほしい。さらに、そのメタデータにXYZタイルのURLが記述してあれば、eコミマップのようなWeb-GISから、地理院タイルを重ね合わせることを2クリック程度でできるような実装も十分に可能だろう。

あとは防災(平常時用)および災害時のクリアリングハウスの構築なのであるが・・・。