自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト

最新情報

最新情報

[2019/2/27] 世田谷区奥沢地区の防災塾で講演「災害時の避難に備える ―近年の災害における被害の実態をふまえて―」を行いました

世田谷区奥沢地区では、日頃より地区の住民が集まるお祭りなどのイベントで、防災について啓発する取り組みを行い、住民の防災意識が高まってきています。
今回の防災塾では、首都直下地震などの災害に備えるために、近年の災害における被害と避難の実態を紹介したうえで、質疑応答(意見交換)を行いました。
発災時、世田谷区では在宅避難がベースとなりますが、指定避難所に避難せざるを得ない場合、どのような点に気をつけなければならないのか。
防災だけでなく、防犯も考えて日頃から備えておく必要があること、そして、日本学術会議、中央防災会議の以下のメッセージを近年の災害での事例をふまえて考えました。

「あなたには災害の危険性を知る義務と、自分と家族を守る責任があります」
 ・・・日本学術会議 防災学術連携体(2018年7月)
「行政は万能ではなく、一人ひとりを助けに行くことはできません」「皆さんの命は皆さん自身で守ってください」
 ・・・中央防災会議 作業部会(2018年12月)

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

名称 災害時の避難に備える ―近年の災害における被害の実態をふまえて―
日時 2019年2月27日(水) 18:30~20:15
会場 奥沢区民センター第1会議室
主催 奥沢・東玉川地区区民防災会議
参加 奥沢地区住民(参加者数76名(講師1名・区職員6名含む))
プログラム 18:30~20:00 開会挨拶・講演(防災科研:三浦)
20:00~20:15 質疑応答(意見交換)・閉会挨拶

会場の様子


会長による開会挨拶

講演

質疑応答

質疑応答

副会長による閉会挨拶