自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト

最新情報

最新情報

[2019/5/15] 独立行政法人水資源機構の皆様との意見交換会を行いました

当研究プロジェクトでは、災害時における情報生成・共有技術の研究開発を行っています。その一環として、独立行政法人水資源機構の皆様と、「大規模地震や激甚化する自然災害時における関連施設の危機管理・対応に関する情報共有の在り方」をテーマにして、意見交換会を行いました。
具体的には、午前中に霞ヶ浦用水関連施設の見学を行い、午後は、「霞ヶ浦用水事業の概要と、水資源機構の役割」についてご説明戴きました。続いて、「過去の震災対応の実例と教訓」についてお話戴き、最後に、「西日本豪雨災害時の防災科研、ISUTの情報支援活動に期待するところ」をテーマにして、現時点において出来ること、今後の課題とするところについて、具体的な事例を交えながら、活発に意見交換を行いました。ご参加戴きました皆さま、ありがとうございました。

開催概要

日時 2019年5月15日(水) 10:30~16:00
会場 意見交換会場:霞ヶ浦用水管理所
見学施設:小貝川水管橋、南椎尾調整池、地下ポンプ室
主催 独立行政法人 水資源機構
参加 水資源機構、防災科研
プログラム 13:00~13:30 霞ヶ浦用水の概要
13:30~13:50 東日本大震災時の霞ヶ浦施設の災害復旧対応
13:50~14:10 東日本大震災時の霞ヶ浦施設の対応・教訓
14:10~15:00 防災科研の概要と災害時の活動紹介と質疑応答による意見交換
15:00~16:00 霞ヶ浦用水管理所の施設見学

会場の様子