自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト

最新情報

最新情報

[2019/5/31]「防災チャットボット『SOCDA』」の実証実験を実施

当研究プロジェクトは、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2 期「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」のテーマI「避難・緊急活動支援統合システムの研究開発」(研究責任者:防災科研 臼田裕一郎)と連携して研究開発を進めています。

この一環で、5月31日に、国民一人ひとりの避難と災害対応機関の意思決定を支援する「防災チャットボット『SOCDA』」の実証実験を、伊丹市水防図上訓練において実施しました。
この実証実験を通じて、「防災チャットボット」に対する社会的にニーズが高いことを改めて認識しました。
今後、国民の不安と職員の負担を軽減できるよう、引き続き機能開発やその高度化を進めてまいります。

プレスリリース(伊丹市)

防災科研のお知らせ(PDF)

当日の様子


オリエンテーションの様子

会場の様子

防災チャットボットを用いた情報発信

整理・解析された結果(停電状況)

要支援者の安否確認状況(結果)

伊丹市長への説明