自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト

最新情報

最新情報

[2019/10/9]「茨城豪雨災害対策ワークショップ(第3回 豪雨災害に関する情報交換会(茨城))」を共催しました

豪雨の諸問題と減災に資する対策のために、地域レベルで情報交換を行い、問題の重要性を共有し、協力して対策する必要性が求められています。
今回、茨城大学や茨城県と連携し、茨城県での豪雨とその対策に関して、課題や解決策を議論するためのワークショップを共催しました。

開催概要

名称 茨城豪雨災害対策ワークショップ(第3回 豪雨災害に関する情報交換会(茨城))
日時 2019年10月9日 10:30~17:00
会場 茨城大学水戸キャンパス 図書館ほか
参加 茨城県内市町村、茨城県、関係省庁、大学、民間企業、ほか
参加者数 約60名
主催 茨城大学 地球変動適応科学研究機関、茨城県地域気候変動適応センター
共催 防災科学技術研究所
後援 茨城県

プログラム概要

10:30~10:40 【開会挨拶】若月泰孝 茨城大学大学院理工学研究科(理学系)准教授
10:40~11:20 【基調講演①】「いのちを守るためのポジティブ情報活用術~ラストワンマイル問題を超克する~」
 近藤誠司 関西大学 学部准教授
11:20~12:00 【基調講演②】「地域コミュニティが命を救う、ITを活用した災害に強いまちづくり」
 須賀英雄 茨城県常総市根新田地町内会事務局
12:00~12:30 【自治体参加者の自己紹介】「各自治体の豪雨災害における防災対策と課題の紹介」
12:30~13:30 【昼食】(ポスター掲示・ポスター紹介(任意))
13:30~14:00 【グループワーク事前資料紹介】
14:00~15:30 【グループワーク(ワールドカフェ形式)】
  • テーマ1:豪雨の際、適切な避難判断を促す情報伝達のためには
  • テーマ2:豪雨に対する迅速な災害対応体制づくりのためには
  • テーマ3:豪雨災害に備えた住民意識レベルの向上のためには
15:50~16:20 【グループワーク発表】
16:20~17:00 【総合討論(パネルディスカッション)】
 若月泰孝(司会;茨城大学)・近藤誠司(関西大学)・須賀英雄(根新田町内会)・
 臼田裕一郎(防災科学技術研究所)・井上卓(気象庁)・小林弘(常総市)
17:00 【閉会挨拶】臼田裕一郎 防災科学技術研究所 防災情報研究部門長・総合防災情報センター長

当日の様子

会場の雰囲気

グループワーク
事前資料紹介①

グループワーク
事前資料紹介②

閉会挨拶