自然災害情報の利活用に基づく災害対策に関する研究プロジェクト

最新情報

最新情報

[2019/12/20]「災害時対応SNS、GISツール研修会」を開催しました

当研究プロジェクトは、2019年12月20日、大阪府社会福祉協議会(以下:大阪府社協)主催の「災害時対応SNS、GISツール研修会」にて講演と利活用ツールの提供をしました。
災害対応時に情報ツールを操作する市町村社協職員が参加し、今後発生するかもしれない南海トラフ広域地震災害の話題や、災害ボランティアセンター運営での利活用と平常時の地域福祉・防災の業務に役立てるための事例紹介の講座、ツールの操作研修を行いました。

開催概要

名称 災害時対応SNS、GISツール研修会
日時 2019年12月20日 14:00~17:00
会場 大阪社会福祉指導センター
対象 府内の41市町村社協職員向け
参加者数 40名
主催 大阪府社協
協力 国立研究開発法人 防災科学技術研究所(担当:水井)
プログラム概要 14:05~14:15 今後の広域災害に備える(南海トラフ)
14:15~14:40 SNSの利活用について
14:40~15:55 事例:平時の見守り活動や地域診断(松原市社協)
14:55~15:10 事例:eコミ活用 枚方市総合防災訓練(枚方市社協)
15:10~17:00 操作研修会

当日の様子


<研修会の状況>

<南海トラフ広域地震災害に関する想定情報>