自然災害情報の利活用に基づく
災害対策に関する研究プロジェクト

最新情報

最新情報

[2021/10/29]「第1回 南海トラフへの備え:地域福祉・防災についての意見交換会」を開催しました

当研究プロジェクトは、2021年10月29日に、オンライン会議にて、「第1回 南海トラフへの備え:地域福祉・防災についての意見交換会」を開催しました。南海トラフ巨大災害を想定し、関連する府県及び市区町村社会福祉協議会における事前の備えと復旧・復興期に必要な対策と情報の利活用、および広域連携について、現状を共有し、今後のあり方について情報・意見交換を行うことを目的にしています。まずはキックオフ会として、会の趣旨説明や参加者の相互紹介を行いました。

なお、参加地域は静岡県から宮崎県までの太平洋沿岸部と四国の各県+大阪府となります。

開催概要

名称 第1回南海トラフ県域社協対策意見交換会(1府11県)
日時 2021年10月29日 17:00~19:00
会場 オンライン会議
対象 被害が想定される県および市町村の社協職員
参加者数 25名
主催 国立研究開発法人 防災科学技術研究所(担当:水井、園崎)
協力 各地の社協
プログラム概要 17:00~17:30 広域災害への備えと対応について
18:00~19:00 各地での活動概要紹介と意見交換

当日の様子


<会議状況>

<説明資料1>

<説明資料2(参加地域)>

<説明資料3(関係者の活動時系列)>